2016年 第5回 ボランティア養成講座  ~認知症を聴く~

講師  竹内弘道氏(目黒区Dカフェ主催)

テーマ 認知症を聴く

ボランティア養成講座の5回目は講師に竹内弘道氏をお迎えして、10月15日(土)に開かれました。

 

竹内弘道先生

 

珍しい秋晴れとなった一日、竹内氏の介護体験に始まり、柔軟な発想、Dカフェ立ち上げの経緯、そこで得たもの、守りたいポリシーなどを終始歯切れ良く語っていただき、その率直な語り口は受講生の心に大きく響くものとなりました。

認知症は適切な対応をすれば怖くないものであること、活動は自由な草の根のものであること、当事者、家族、ボランティア、専門家、福祉担当者などが気軽に集まって交流する場が必要なこと、過剰な使命感はかえって邪魔になることもあるなど、新鮮な知見に驚かされました。

下記は、受講生の当日の感想です。

*認知症についてのネガティブな不安感が払拭されました。

*「私は当事者」として参加するというのは、すばらしい。

*Dカフェのコンセプトは自分でできることは自分でやる。気を揉んだり、世話を焼きながらな家族に大事な視点です。

*過激な使命感を持たないことが大事というご意見を新鮮に感じました。

*4つのDのDカフェ。行ってみたい。
Daredemo  District(地域) Democracy(民主的) Dementia

 

ボランティア開発養成室は、来年度の講座の企画に取りかかっています。

この講師の話、このテーマで聞きたいというご希望がある方は、ご連絡の程お願い致します。

 

第6回ボランティア養成講座は、11月19日(土)13:00~です。

2016年度 第4回 ボランティア養成講座 ~摂食障害~ 生きづらさからの回復・成長 いいかげんに生きよう 

ボランティア養成講座の4回目は講師にNABAの鶴田桃エさんをお迎えして、9月24日(土)に開かれました。

摂食障害の自助組織であるNABAのメンバーをお迎えして、体験、障害の根っこ、互いの寄り添い、ただただ聞くことの効果などを話していただきました。

講師はクリスチャンではありませんが、講座の始まる前にカテドラルを見学なさり、ピエタ像に大きな感銘を受けたとおっしゃいました。あのように無条件に抱きかかえられることは多くの人々の夢だと思うが、摂食障害者の成長には1人ではなく、よりたくさんの人に受容されることが必要であると‥‥

副題である「いいかげんに生きよう」に表されるように、こうでなければ‥‥と思い詰めることなく、あるがままの自分と仲間を受け入れることが、百の薬に勝る人生の軌道確保になると感じさせられました。

 

受講生の皆さんの感想を幾つかご紹介します。

*マザーテレサの様に一人一人を大切にし、慈しみ、愛を与える行動が、薬物、アルコール、摂食障害の方々の支援に大切なことと再確認できました。

*お話を伺いながら自分の子育てをいろいろ考え、親子関係の大切さ、いい加減と言うか、手を抜く、休みながらの生活と共に歩む方向を見極めていくことができていたかどうかを反省させられました。

*「決して元に戻る“回復”ではなくて少しずつ成長していけば充分」という言葉の重さを感じました。

 

今年度の講座は、残るところ2回となりました。次回は、今や誰にとっても他人ごとで済まされない「認知症」を取り上げます。自宅を開放し、認知症カフェを開くという草の根の活動を続けておられる竹内弘道氏をお迎えして、家族、ボランティアに何ができるかを考えてまいります。

 

ボランティア開発養成室は、来年度の講座の企画に取りかかっています。

この講師の話、このテーマで聞きたいという方は、ご希望をお聞かせ下さい。

 

2016年度 第3回 ボランティア養成講座 ~聴いて、行う~

第3回ボランティア養成講座を2016年7月16日(土)に開催いたしました。

講 師:中島 幸子 先生 (レジリエンス)

テーマ:「DV・虐待が及ぼす影響」

 

暴力とは、「支配」の問題。どちらかと言えば、親しい中に起こることが多いのです。良い関係とは、1.対等で、2.尊重し合え、3.安心感がある、ものです。暴力の被害にあった人には、小さくても確かな支えが豊富にあることが大切です。

中島先生のレクチャーに、共感の輪が広がり、受講生の発言が活発になりました。

 

受講者の方々からの感想をいくつか紹介させていただきます。

・中島さんの今日の講演から“ほんとうに人を大切にしている”ということ、真剣にそれを考え続けているということがもの凄く伝わって来ました。ありがとうございます。

・トラウマを抱えて生きていくということは、大変な事だと思います。でも、中島さんのパワフルなお話しをきいて、トラウマの中からの成長があるということを実感しました。

・誰でもが暴力的になる可能性を持っている事を意識して、自分も傷つかないように、他者を尊重できるように自分の振る舞いを気にして起こそうと思いました。

・重くて深いテーマを真実にお話し下さり心を打たれました。暴力の原因を表面的にしか理解していませんでした。一部の人の問題ではなく、自分を含めて人間の罪の恐ろしさをあらためて思わされました。お互いに尊重して生きられるようと心から願いました。中島先生の愛の深さが伝わって力をいただきました。心から感謝します。先生と出会った人が、希望を持って自分の人生を大切に生きられるよう祈ります。

 

第4回ボランティア養成講座は、9月24日(土)13:00~です。

第4回目以降の講座をお申込みの方の受講料は3,000円/3回です。

お申込みをお待ちしています。